スタッフのかいとです!

2年前にペルーとボリビアに行き、
ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖を観光してきました。

どれもスケールが大きすぎて感動しっぱなしだったのですが、
その中でもウユニ塩湖はダントツでした✨️

今回はウユニ塩湖の魅力、そして大学生のうちに絶対に行くべき理由をご紹介‼️

○ウユニ塩湖には2つの顔がある

標高は富士山とほぼ同じ。面積は岐阜県とほぼ同じという広大なウユニ塩湖ですが、
あなたはウユニ塩湖と聞いてどんな風景が思い浮かびますか?👀

ある人は空の景色が水面に映る鏡張りの景色
ある人は真っ白な景色

が思い浮かぶと思いますが、どちらも正解です!

鏡張りになるのは雨季(11月後半〜3月)、真っ白になるのは乾季(4月〜11月前半)です。

日本人には雨季、ヨーロッパの人には乾季が人気なんだとか。

○昼間、夕方、夜で変わる景色

僕は雨季に行きました☂️
塩湖の入り口からしばらくは水深が深いため、まだ鏡張りの気配すらしません。

しかし中心部へ近づいていくとだんだん水深が浅くなっていき、、、
ごらんの景色に!

地球にこんな場所があるのが不思議でしょうがない✨
天国みたい👼

これは昼間の景色ですが、夕方になるとこのように、、、

これも絶景ですね!

日が完全に沈んだ後は満点の星空が見えるそうですが、残念ながら雨が降ってしまったため見ることが出来ませんでした泣

次は乾季に行って星空を見ようと思います。

○ウユニ塩湖は行くのが大変!

今回のツアーの流れは、
ペルー→ナスカの地上絵、遺跡観光、マチュピチュ
ボリビア→ウユニ塩湖
でした。

合計10日間程度でしたが、大変なことが沢山ありました。
以下の理由により、体力がある学生のうちに行くことをおすすめします👍

・移動がとにかく多い
ウユニ塩湖にはボリビアの首都ラパスから飛行機でウユニ空港へ。
そこから車で2時間ほど移動しようやくウユニ塩湖。

この前にもマチュピチュなどでかなり移動しているので大変でした💦

・常に高山病?
ペルーもボリビアも、街の標高も高いため常に空気が薄い環境下に置かれ、完全に高山病になってしまいました。。

歩くだけですぐに疲れ、常に頭痛でした。。
さらに乗り物酔いする人は大変です。
きちんと対策をしていくことをおすすめします。

いかがでしたか?
たしかに行くのは大変ですが、ウユニ塩湖は人生で一度は絶対に観るべき場所です!
ウユニ塩湖を見たら高山病が治りました!

マチュピチュやウユニ塩湖について何か質問があればコメントで何でも聞いて下さい(^o^)

  学生団体SKOWは「未来図を描ける機会を提供する」という理念のもと、運営スタッフ、参加者、SKOWに関わってくれている全ての人が夢を見つけ、それに向かって突き進んでいる社会の創造をしています。

具体的には、年齢、性別、国籍、宗教、文化など様々なバックグラウンドを持った人を集め、価値観や想いを共有出来るような、100人規模の異文化交流イベントを様々な形で開催しています。

英語を話したい人、留学に興味がある人、夢が見つけられない人、新しい環境を探している人、そんな方はぜひ一度新しい体験をしてみませんか?

スタッフに興味ある方はこちら💁‍♀️