こんにちは、スタッフのたかひろです。普段はタスカケの管理などをしています。


早速ですが、よく僕の周りにやりたいことない、何から初めていいのかわからないという人をよく目にします。特に大学2、3年生になると就職や将来に向けて色々と考え出す時期だと思いますが、中々行動に出せない方も多いのはないでしょうか?
まず、行動に出すのは簡単ですがとても大事です。行動しなければ何も始まらないからです。ですが、無闇に行動をしたところでモチベーションが続かなかったり行動をしたもの何から手をつけていいがわからず時間だけを潰してしまう可能性があります。さらに、安易に行動ほどリスクも伴うので慎重にするべきです。
では、こういう人は何から始めればいいのか僕の1考えですが少し話せればなと思います。よければ参考にしていただければ、幸いです。
1番は色々な世界を見ることをお勧めします。特に今やりたいことがないとか就活をやる中で希望の職種がないとか、、、典型的な事例ですが僕はこういう人ほど沢山の経験をするべきだと思います。身近なものだと、インターンや多種多様なアルバイト、ボランティアや学生団体に参加したり、国内外を旅したり、色んな価値観を持った人と話すこと手段は沢山あります。このようなことは自分の知らない世界を見たり聞いたりすることは価値観を広げることに繋がります。価値観を広げることによって今やりたいこと・将来やりたいことが絶対見つかると思います。探し方は人それぞれですが、友達と一緒に挑戦して見たりそういうコミュニティーで友達をつくってみたりすることもいいと思います。最初は挑戦に置いて敷居が高いとハードルが高くて萎えることもあると思います。しかし、友達などサポートしてくれる仲間がいると長続きして続けられると思います。
 何よりも、この記事を読んでいる学生の皆さんは長期休みのシーズンだと思うので普段やらない事に挑戦して自分自身をスキルアップしていただければなと思います。そんな挑戦をSKOWは全力でサポートいたします‼️思い立ったら吉です。

学生団体SKOWは「未来図を描ける機会を提供する」という理念のもと、運営スタッフ、参加者、SKOWに関わってくれている全ての人が夢を見つけ、それに向かって突き進んでいる社会の創造をしています。
具体的には、年齢、性別、国籍、宗教、文化など様々なバックグラウンドを持った人を集め、価値観や想いを共有出来るような、100人規模の異文化交流イベントを様々な形で開催しています。

英語を話したい人、留学に興味がある人、夢が見つけられない人、新しい環境を探している人、そんな方はぜひ一度新しい体験をしてみませんか?